ブログ♪あんやとね〜つぶつぶさんへようこそ!
つぶつぶメルマガ「食のちから」
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
つぶつぶ.jp のおススメセミナー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おススメ本
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
つぶつぶの紹介

24日(土)は「夢見るチカラ」の湧き出すトークイベントへ

どこでもドアがあったらいいのになー。

ちょいと前置きが長くなりますが。

先日アップした「更田恵子のつぶつぶストーリー」で暴露(!)した通り、
私は花の39歳、正真正銘のアラフォー女子です。

で、実は、
そろそろ、家族が増えてもいいかな〜
と思っています。。。

20代、30代は、本当にあっという間。
毎日夢中で生きてきたら、
いつの間にかこの年になっていた......

結婚しててもしてなくても、
共感してもらえるアラフォー女子、
少なくないのではないでしょうか。

「アラフォー出産、だいじょうぶかな?」

高齢妊娠/出産の難しさが話題となり、
男性も女性も不妊治療があたりまえとなっている今、
いくら健康に自信があるとは言っても、
そう思わないことがないわけでもありません。

でも。

つぶつぶを始め、
からだカウンセラー奥谷まゆみさんにも出会い、
お話を聞き、本を読み、
女性である自分の身体と向き合ううちに、
妊娠、出産へのワクワク感が、芽生えてきちゃいました。

そのまゆみさんと、つぶつぶグランマゆみこが、
24日(土)、つぶつぶカフェでトークライブを行うんです!
そして、ディナーはつぶつぶインド料理

で、

どこでもドアがあったら絶対行くのになー。

と。

夫のふるさとにいて参加できない私のぶんまで、
みなさんぜひぜひ楽しんでいらしてください
「ほんと来て良かった〜」
と思うことまちがいなしです。

トークライブの詳細、
それからまゆみさんのブログをについて、
つぶつぶオフィスからいただいたお知らせをそのままご紹介します。

まゆみさんのブログも、ぜひ読んでみてくださいね
読んだらますます行きたくなっちゃいますが



♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

こんにちは、
つぶつぶオフィスの坂本です。


とっても嬉しい話!


24(土)に開催する「つぶつぶグランマゆみこの天女トークライブ」の
ゲスト、奥谷まゆみさんが
ゆみことのエピソードをブログにアップしてくれました。

こちら>>
http://blog.okiraku.hiho.jp/



なんと、
ゆみことの再会以来、大きなうねりに乗るように
ワクワクするようなことがたくさん起こるようになった!
という、奥谷まゆみさん。


そのキーワードは

「夢見るチカラ」。


とっても素敵なお話です、
ぜひご覧ください。

 続きはこちらから
  ↓↓↓
http://blog.okiraku.hiho.jp/


        つぶつぶオフィス
        坂本智佳子



PS.

8/24(土)のビッグイベント!

「15:30~まゆみの体レッスン&ゆみこの言霊レッスン」は、
満席となりました。

「18:30~つぶつぶグランマゆみこの天女トークライブwith奥谷まゆみ」は
残席僅かです。

つぶつぶ流インドディナーと、
ゆみこ&まゆみの「はじける体といのちと性のライブトーク」を楽しめる機会は
この日だけ、お見逃しなく!
  ↓↓↓
http://www.tsubutsubu.jp/news/#news01

今日締切のつぶつぶプレゼント企画

ナッツやドライフルーツもたくさん入って
みーんな大好きなもちアワカントリーケーキ。
出発直前に焼いてしまった。
これって、つぶつぶだからできちゃう神業かな。
もちアワ炊いたら、材料ぜんぶ混ぜて焼くだけだから。

小さめのリング型に入れて焼いてみたら、なかなかいい感じ。

もちアワカントリーケーキ

ポンセンクリームでデコレーションしても、かなりかわいいと思う。

ドーナツみたいで食べやすいし、おススメです。

もちアワカントリーケーキの焼き方は、
『つぶつぶ雑穀ミラクルスイーツ』に載っています♪


♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 


ところで、みなさん、応募されましたか?

今日が締切なんですが 汗

先日から開催している
HPリニューアル記念キャンペーン、
当選確率、かなり高そう。。。

応募しなきゃ損です〜!

応募がまだの方はこちらから
   ↓↓↓
https://docs.google.com/forms/d/1dm0tDJpiVu6S9LFxmPrtcw72ArlZ5W7xuD69Q_ms55Q/viewform


つぶつぶの新しくなったHPに関してアンケートに答えるだけで、
下記の豪華プレゼントが【合計25名様】に当たります。
(当選者数、多くないですか!)

簡単なアンケートに答えて、つぶつぶの活動を応援しながら、
プレゼントゲットのチャンスがあるなんて、
なんて素晴らしい企画。


《プレゼント内容》゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。+゚

① つぶつぶカフェ早稲田店 or ボナ!つぶつぶ神楽坂店のお食事券 5,000円分【10名様】

② つぶつぶマガジン5冊セット(vol4・vol6・vol8・vol11・vol12)【10名様】
  ※つぶつぶマガジンは、レシピやコラムなど情報満載の冊子です。

③つぶつぶグランマゆみこの天女トークライブ招待券【5名様】
  ※つぶつぶ雑穀ディナーとともに、つぶつぶグランマゆみこと多彩なゲストとの
  トークを楽しむイベント。つぶつぶカフェで定期的に開催、通常参加費10,000円。
 (8月24日は奥谷まゆみさんをゲストに開催します。詳細はこちら>>


゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。゚+。*゚+。


③が一番おトク感ありそうだけれど、
でも、チョイスが3つあるから、
東京にすぐには行けないわ〜という北陸のみなさんも
ぜひぜひ応募してみてくださいね〜!

更田恵子39歳のつぶつぶストーリー③

みなさん、こんにちは!
お盆休みも、もう後半ですね〜
いかがお過ごしですか?

金沢は、朝晩、少しずつ、秋の訪れをちょっぴり感じさせる風が
入ってきますが、
昼間はやっぱり、夏ですね〜

夏といえば、

やっぱり、これ、あずきバー!!!

あずきバー

つぶつぶ流は、甘酒と小豆の塩煮で作ります。

詳しい作り方は、『つぶつぶ雑穀甘酒スイーツ』に載っています♪

心地よい甘さで、シャキーンと冷たくて、おいしくて、
夏も悪くないな♪という気がしてきます。



♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

さて、今日は、更田恵子39歳のつぶつぶストーリー③最終回をお届けします!
ぜひ、最後までお読みください

あたらしい私!がここにいる vol.5(3/3)
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.

信じられないほど幸せな
 砂糖中毒からの脱出記

   @更田恵子39才のつぶつぶストーリー③

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.




こんにちは。

石川県金沢市で活動している、
つぶつぶマザーの更田恵子(ふけたけいこ)です。

3回連続でお送りしている
私の体験談、今日が最終回です。

第1回、第2回を見ていない方は
下記から見てくださいね。

「ガマンをして得られるものこそ健康なんだ」
と思ってた私>>
http://anyatonetubutubusan.blog.fc2.com/blog-entry-104.html


常夏の楽園は
心身の食源病に浸食されていた>>
http://anyatonetubutubusan.blog.fc2.com/blog-entry-107.html





私は今、つぶつぶマザーとして活動することができて、
本当に幸せです。

一人でも多くの人につぶつぶを知ってもらいたい。
つぶつぶの心と技で、身体を調え、心を調えれば、
今の生活を何十倍も楽しめることを伝えたい。

心から、そう思っています。

それは、つぶつぶに対して半信半疑だった私が、
思い切って飛び込んだ結果、
たくさんのミラクルが自分自身に起きたからこそ、
自信を持って言えるのです。

昨日書いたように、私が最初に受けたセミナーは、
ミラクルスイーツセミナー(現:未来食セミナーScene2)でした。
以前の私は、何を隠そう、泣く子も黙る(!?)超甘党。
甘いもの無しでは生きられない、
逆に、甘いものがあれば食事がなくても平気という筋金入りでした。

飴を袋で買ってきて、ガリガリ10分ぐらいで
平らげてしまうこともあたりまえ。
生チョコが流行り出した時は、
分厚い200円の板チョコを2枚一気に食べても、
ものたりないぐらいでした。
何かしら理由を付けては、
アイスクリーム3段重ねを、
友だちとよく賭けてみたり。

10円入れてガムの出てくるおもちゃまで買ってきて、
ガチャガチャガチャガチャ、
着色料だらけのガムをひと袋、ふた袋、
憑かれたようにかんでいました。

異常でした。
でも、やめられませんでした。
砂糖中毒だったと思います。

お菓子作りは、子どもの頃からの趣味であり
特技でもありました。

はじめて自分で作ったおやつはチョコバナナ!
小学校1年か2年の頃だったと思います。
溶かしたチョコレートをバナナにかけ、
おねだりして買ってもらった
カラフルなスプレーチョコで飾り付けして。。。
心を躍らせた日のこと、今もはっきり覚えています。

4年生でパンも焼くようになりました。
6年生の謝恩会の演目は、3分間クッキング。
最後に出来上がった苺とチョコの2種類のロールケーキを、
先生にプレゼントする演出付きでした。

毎日のように作るので、だんだんと腕も上がってきました。
生クリームでデコレーションしたふわふわケーキや
甘~いババロアなどを作るのが大好き。
上手にできると家族が喜んでくれるのがまた嬉しくて、
本当によく作ったものでした。

そんな私に転機が訪れます。

あれは大学3年生の頃。
経済学の授業で、それまで考えても見なかった現実を
教えられたのです。

私が嬉々として作っていたスイーツが、
みんなの健康を蝕むものであること。
さらには地球をいじめているということを。

それを知った時は本当にショックでした。

みんなを笑顔にするスイーツ。
あの色、あの香り、あの感触。

スイーツが持つ、その場を和やかにする不思議な力で、
みんなをハッピーにしたい!
そう思ってせっせと寝る暇も惜しんで作っていた自分が、
どうしようもなく愚かに思えました。

実はみんなを不幸にしていたのか。

落ち込みました。

そして、あんなに大好きだったスイーツ作りを、
封印してしまいました。

代わりに、いわゆる「健康食」や「自然食」について
調べ始めました。
そして、片っ端から実践を続けました。
確かに、やってみると、健康になったように感じました。

でも、意固地になって周囲の反発を受けて孤立したり、
私自身も「おいしさ」や「楽しさ」という点では
なかなか満足が得られませんでした。

結局、試しては飽きて、試しては飽きて、の繰り返しで、
いろいろジプシーする日々でした。

一方、お菓子作りはやめられても、
自分がお菓子を食べることはやめられませんでした。

デザートを食べるために、
ごはんを抜くこともしょっちゅう。

レストランでも、ごはんは半分か無しでお願いして、
代わりにアイスクリームを注文していました。

西洋栄養学をかじり、
カロリーとかビタミンの類が気になり出して、
ノンカロリーや低カロリーのドリンクやスイーツを、
コンビニやドラッグストアで買っては飲み食いしていました。

健康や食の安全を学び始め、理性では、
砂糖や添加物も悪いとわかっているのに、
やめられませんでした。

この私に限って、甘いものだけはやめられるはずがない。

半ば開き直っていました。

実は、セミナーに通い出してからの数ヶ月も、
いつもの習慣で、職場にはチョコの入った箱菓子を常備。
休み時間になるとつまんでいました。

でも、つぶつぶグランマゆみこの、
「自分の家を、つぶつぶのスイーツでお菓子の家にしてしまえばいいのよ~!」
のひと言を思い出し、せっせとつぶつぶスイーツを作り始めました。

そして、食べる食べる食べる食べる。
一単位を、たいてい一人でぺろっと平らげていました。

同時に、普段の食事も、
シンプルなつぶつぶ食に切り替えていきました。
ごはん抜きの生活から、
ごはん、ごはん、ごはんを楽しむ毎日へ……

はじめは、いくらつぶつぶとは言え、
スイーツを食べ過ぎていたと思います。

でも、そうこうするうちに、自然と、
市販の箱菓子に手を出さなくなり、やがて、
つぶつぶスイーツの量も減っていったのです。

つぶつぶの食生活に切り替わったら、超甘党から、
「砂糖のいらない、かる~い甘党(笑)」
に変わっていきました。
これは、本当に奇跡のような事実でした。

なによりうれしかったのは、つぶつぶスイーツは、
砂糖や動物性をいっさい使わない、
身体も地球も喜ぶスイーツたち。

だから、堂々と作って人にもプレゼントできることでした。

私の趣味、「お菓子作り」の封印が、
正々堂々と解かれたのです。

つぶつぶのスイーツも、料理同様、
基本はとってもシンプル。
でも、凝ったものだって楽しめます。
またパティシエ魂が目覚めてきて、週末は、
ゴージャスなスイーツ作りも楽しんでいます。

砂糖からの脱却をはじめ、
つぶつぶによって私の食生活が調うと、
身体だけではなく、私の心の状態も
変わってきたように思います。

私は、机に向かっている割に成績が悪い子でした。
中学生の頃、先生に注意を受けた時も、母親が
「でも恵子はよく勉強してるんですけどねぇ」
と言い返してくれたぐらいです。
大学受験の時も、
「恵子はよくがんばってるよ。
 もし受験がうまくいかなかったら、お菓子職人の道でまたがんばればいいよ」
と慰めてもらいました。

振り返れば、私は、気持ちが散漫で、集中力がなく、
ぼんやりしていることが多かったのです。

加えて、おっちょこちょい、優柔不断、短気、泣き虫で、
気分にムラがありました。
躁鬱なところがあり、落ち込むと死にたいと
思うことさえありました。

そして、これは性格なのだからしかたがない、
努力して、ひとつずつ、克服していかなければいけない、
それが大人になることだ、と思っていました。

しかし、大人になってその性格は改善されるどころか、
大学に入り、外食が増えると、
ひどくなっていくようにすら感じられました。

夢にまで見た楽しいはずの大学生活。
しかし、気持ちの浮き沈みが激しく、
嫌になることも多くなりました。

上の空のことが多く、友だちとの帰宅途中、
「ちょっと、恵子、聞いてないでしょ~!」
と言われて、はっとすることがありました。
悪気はないけど、いつの間にかどこかにワープしていたんです。

「あー、今日も友だちの話聞いてなかったな~」
と、自己嫌悪に陥ることもありました。

それが、砂糖中毒から脱出し、
さらに、つぶつぶ食生活が定着したことで、
いつのまにか、上のどれもが自分の性格とは
言えなくなっていることに気づきました。

食を調えることで、落ち着きも集中力もある、
穏やかな性格になっていたのです。

今、日本でも、たくさんの若者が心の病を抱えています。
そして、それは、日本だけではなく、夫のふるさとアメリカでも、
私の第2のふるさとミクロネシアでも深刻です。

私は、その多くが、食で改善できると確信しています。

私には信念があります。

世界中の人々が、
自分の国に誇りを持ち、
お互いを尊重し、
お互いの伝統を大切にし、
健全な心身を手に入れ、
平和を謳歌する世界、
笑顔あふれる明るい世界を作ること。

そして、それは、「食」の平和な革命で叶うのだということ。

つぶつぶグランマゆみこは言いました。

「食で世界をひっくり返そう!」

人間にとって、欠かすことのできない毎日の食。
だからこそ、本当に食で世界はひっくり返るんだ。
私はそれを確信しています。

そのために、
つぶつぶの心と技を体得する女性が、
あたりまえに日本を埋め尽くし、
あたりまえに世界を埋め尽くすことを目指して、
つぶつぶライフを思いっきり楽しみながら、
つぶつぶの輪を広げていきます。

目下の目標は、北陸をつぶつぶで盛り上げること。
7月、8月と、未来食セミナーScene 1を開催しました。

拠点である金沢での「未来食セミナーScene2」の
来春開催にむけ、10月も20日(日)、31日(木)の
2日間、未来食セミナーScene1を開催します


幸福度指数上位3位を占める北陸3県、福井、富山、石川。
幸せいっぱい元気いっぱいの北陸に
つぶつぶパワーが広がっていったら、
ミラクルが起きる、とワクワクしています。

また、TUBUTUBUを世界共通語にするべく、私も動き出します。
その第一歩として、2013年夏、
夫の故郷アメリカでも料理教室や食事会を開いてみます。
ブログでの報告、楽しみにしていてください!

   私のブログ
   『北陸石川金沢で雑穀料理を楽しむ毎日♪あんやとね~つぶつぶさん』
   http://anyatonetubutubusan.blog.fc2.com/



帰国は9月下旬です。

宣言します。
つぶつぶ未来食が世界中であたりまえになって、
私を大きく温かく包み込んでくれた第2のふるさと、
ミクロネシアにも恩返しする日が来るまで、
私は走り続けます。

遠回りしたようだけれど、この遠回りは、
決して遠回りじゃなかったんだ。
失敗や挫折、絶望があったからこそ、
今の私があるんだ。
そう思います。

これまでの経験ひとつひとつが、
とてもいとおしく、
また感謝の気持ちでいっぱいです。

来春、私は40になります。
不惑の年を前にして、惑うことのないどっしりと構えた
自分に到達することができました。

迷いだらけだった以前の私には、
想像もできないミラクルです。

フツーの私がつぶつぶのセミナーの扉をたたいて3年半、
とても大きく成長しました。

そして、今も大進化中です!



この秋、あなたに会えるのを楽しみにしています。


              つぶつぶマザー
              更田恵子

              おわり(3/3)




あたらしい私!がここにいる バックナンバーはこちら>>

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

vol.1 河井美香 46歳のつぶつぶストーリー
    ・975gで生まれてきた息子
    ・不満・不安体質から、安心・幸せ体質へ!
    ・夢は世界一の主婦になること

vol.2 石井ともみ 39歳のつぶつぶストーリー
    ・自分自身の自己免疫疾患も長女の酷いアトピーも消えてなくなり、           希望と感動がよみがえった
    ・獣医師になって果たしたかった夢がつぶつぶで叶う
    ・果てしない不安と怖れ、そして無力感を吹き飛ばしてくれたつぶつぶ!

vol.3 荒木沙也香 35歳のつぶつぶストーリー
    ・給料のほとんどが病院代と家賃で消える生活
    ・犯人は、体のしくみを無視した食生活
    ・正義感がわたし病気の原因だったなんて!

vol.4 篠沢真紀子 37歳のつぶつぶストーリー
    ・好きなものは「ラーメン」「焼き肉」「ケーキ」「マック」
    ・それにしても、何でこんなに高いの?
    ・新婚当時以上のラブラブ夫婦になれました

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.






:::::::::::::::::::::::::::::::
      セミナー日程・詳細
:::::::::::::::::::::::::::::::

  ☆おいしく食べて、サバイバル!☆
  未来食セミナーScene1
  ~1日で~
  本当の食べ物を見分ける感性が開く
  情報にふりまわされなくなる
  食の土台を構築する設計図で、食を変えていく方法が分かる
  おいしいと健康が共存する速効料理術が身につく

 日程:
  8月21日(水) 東京・神楽坂(講師:篠沢真紀子)
  8月25日(日) 青森・十和田(講師:石井ともみ)
  8月31日(土) 東京・早稲田(講師:篠沢真紀子)
  10月20日(日) 石川・金沢(講師・更田恵子)
  10月31日(木) 石川・金沢(講師・更田恵子)

 時間:9:00~18:30(+交流パーティー ~20:30 or 21:00※)
 参加費:33,300円 (+交流パーティー 3,000 or 5,000円※)
  ※交流パーティについては会場により異なります。詳しくはこちら>>

 上記以外でも、全国のつぶつぶマザーが
 北海道・青森・岩手・千葉・埼玉・東京(渋谷/三鷹)・
 神奈川・山梨・石川・滋賀・兵庫・宮崎・熊本で開催中!

 ★全国の日程は>>
 http://tsubutsubu.jp/learning/application.html


☆ 製作・著作
───────────────────────────>
TUBUTUBU/つぶつぶ
株式会社フゥ未来生活研究所 Fu Future Living Labo Inc.
東京都新宿区弁天町143-5
tel 03-3203-2090 fax 03-3203-2091

■ゆみこ公式Facebook    http://www.facebook.com/yumiko.tubutubugrandma
■ゆみこツイッター      http://twitter.com/#!/tubutubu_yumiko
■TUBUTUBU OFFICE ツイッター http://twitter.com/#!/tubutubu_office
■つぶつぶ          http://www.tsubutsubu.jp/
■つぶつぶカフェ       http://tsubutsubu.jp/cafe/cafe_waseda.html
■レストラン「ボナ!つぶつぶ」http://www.b-tubutubu.com/
■つぶつぶのセミナー     http://tsubutsubu.jp/learning/pseminar.html
■つぶつぶネットショップ    http://www.tsubutsubu-shop.jp/
-----------------------------------------------------------

 愛を込めて書き綴った本が発売になりました。
『ごはんの力 – ヒト遺伝子をオンにするつぶつぶ遺伝子 –』
 http://www.tsubutsubu-shop.jp/category/332.html

-----------------------------------------------------------


更田恵子39歳のつぶつぶストーリー、いかがでしたか? 

もし、響いていただけたら、お友達にシェア大歓迎です mv_vm

最後までお読みいただいたこと、とても嬉しく思います。

これからも、ふと感じたこと、考えていることなど、
ブログに書いていきたいと思いますので、
ときどきのぞいてみてくださいね☆

ありがとうございます。

更田恵子39歳のつぶつぶストーリー②

昨日の、
更田恵子39歳のつぶつぶストーリー①、
「ガマンをして得られるものこそ健康なんだ」と思ってた私」

お読みいただけましたか?

まだの方は、ぜひ、青字をクリックして、お読みください♪

今日は、更田恵子39歳のつぶつぶストーリー②をお届けします!


が、その前に〜♪

実は、昨日は、ランチもお出かけしてきました〜♪

最近よくおじゃまする、Ladybird Kitchenさんです。

ステキなご夫婦が、こだわりのおいしい穀菜食を作ってくださいます。

昨日いただいたのは、夏にぴったりのエスニックなごはん。

Ladybird Kitchen ナンプラーのライス


水菜やタマネギのシャキシャキサッパリがとてもおいしかったです!

そして、食後にお茶をいただきました。
ホワイトエルダーフラワーティー?
名前、ちょっと違ったかな。。。

これまたよい香りでした〜^^

Ladybird Kitchenさんは、スコーン等、焼き菓子もとてもおいしいんですよ〜。
だからティータイムもオススメです。

いつも笑顔でお迎えいただいて、和める大好きなカフェなのです。

こちら、図書コーナーがあるので、

つぶつぶグランマゆみこの最新刊『ごはんの力』を寄贈してきました。

中田さんと

悦子さん、かわいい〜♪ 

そして、私は寝てる〜〜;^^))


また、おじゃまするのを楽しみにしています!


♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 




では、さっそく、昨日の続きを、お届けします。


あたらしい私!がここにいる vol.5(2/3)
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.

常夏の楽園は
 心身の食源病に浸食されていた

   @更田恵子39才のつぶつぶストーリー②

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.



こんにちは。

石川県金沢市で活動している、
つぶつぶマザーの更田恵子(ふけたけいこ)です。

昨日から3回連続で、
私の体験談を送っています。

昨日のメルマガが届いていない方は、
私のブログにアップしたので、見てください。

「ガマンをして得られるものこそ健康なんだ」と思ってた私>>



私は10年以上、
ミクロネシア連邦国のポンペイ島に
住んでいました。

人口約3万5千人。
隠岐島ほどの大きさのポンペイ島は、
車でのんびり走っても、
2時間半で1周できました。

大学卒業と同時に参加した
青年海外協力隊の仕事は、
2年半のミクロネシア短大での
日本語教育。

職場は、やろうと思えばどんなことにも
チャレンジできる環境でした。

教科書を作ったり、
日本旅行が優秀賞のスピーチコンテストを開いたり、
政府関係者に働きかけて国費留学生を日本に送ったり、
小学校に行って英語教授法のワークショップを開いたり……
地元の人々に役立つと思えることを、
片っ端からやらせてもらいました。
日本語教師として、
それなりのやりがいを感じていました。

週末は、仲良くなった家族のところに、
よく泊まりがけで遊びに行きました。
ガスも電気も壁もない吹き抜けの小屋で、
地元の料理や現地語を教えてもらったものでした。

日本に住む家族を大切に思うように
なったのも、このころ。
ミクロネシアに住む人々の家族の絆を
目の当たりにしてからです。

ゆっくりと、自然とともに流れゆく、
それはそれは贅沢な時間でした。

その後、アメリカ人の夫と結婚。
アメリカの大学院に入学。
ミクロネシアに舞い戻り、日本語を教え続けました。

季節の変化がないので、知らぬ間に時は流れ、
気づいたら10年が経っていました。

産業の発展の遅れから、生活はつつましくとも
飢えを知らないミクロネシアでの生活は、
一見パラダイス。

しかし、実は、その一方で、
さまざまな問題を抱えています。

その最大の問題が、人々の健康です。
WHOの調査では、ミクロネシアは世界第2位の肥満国。
平均体重最多国(2012年)はミクロネシアというデータもあります。
人口の実に9割以上が肥満体。
戦後、援助漬け、輸入品漬けにされているミクロネシアでは、
調理に時間のかかる地元の植物を食べるのをやめ、
輸入された加工食品中心の食生活
切り替わっていきました。

その結果が病気の蔓延です。
高血圧症、糖尿病、ガンで命を失う人が後を絶ちません。

私は、あり得ない頻度で葬儀に参列しました。

糖尿病で足の切断がやむを得なくなった人、
目の見えなくなった知り合いもいました。

このような状況を生み出している目に見えない力に
言いようのない怒りを感じ、
また何もできない自分に無力感を覚えました。

受け入れがたい問題はそれだけではありませんでした。

学生たちと日々ともに過ごしていた私が、
こらえきれない絶望感を感じたのは、
若者の自殺です。

私の教えた学生や卒業生のうち、
知っているだけでも6人が自ら命を絶ちました。

ミクロネシアは、世界一
青少年の自殺率が高いと言われています。

伝統社会と急激に入ってきた近代文明や価値観とのギャップ、
高い失業率と希望のない社会、逃げ場のない狭い島国であること
などが理由としてあげられています。

そうした根深い背景に加えて、
私は、彼らの乱れた食習慣も影響しているのではないかと
思っていました。

インスタントラーメン、コンビーフ、スナック菓子、コーラ、ビール……
こうした添加物まみれ砂糖まみれの食生活が、
身体だけではなく彼らの精神を、どれだけ蝕んでいることか……

悲しいニュースを聞くたびに、
やりきれない思いに襲われました。

私は、中学生の頃から日本語教師を志し、
その道を選び、がむしゃらにがんばってきました。

けれども、医者でもなければ専門家でも政治家でもない私は、
問題を抱えている彼らにしてあげられることは何もない。

教育者としても、私はいったい何ができたというのか。

彼らに必要なものは日本語なんかではなくて、
健全な身体であり心ではないか。

どうして彼らの悲しい決断を止めることができなかったのか……

ただの一外国人、一民間人に過ぎない無力な自分を、
憎らしくすら思いました。

自分自身にも、行き詰まりを感じ始めていました。

「私自身が変わらなければいけない。」

そう思い始めていました。
でも、何をどうすればいいのか全くわからない。
役立たずの自分を責め、悶々としていました。

ちょうど仕事でひとつ大きな課題を乗り越えた時、
私は、「中国語を学ぶ」という理由で、
慣れ親しんだミクロネシアを突然飛び出し、
北京に向かったのです。
ミクロネシアで遭遇した重すぎる課題を
ぼんやりと背負ったまま。

語学研修の10カ月が流れるように過ぎた
その頃、友人が翌年留学するという日本の大学で、
非常勤の日本語講師を募集していることを知りました。

電話で夫に話したら、
「僕、もっと君の国のことも知りたいな」
のひと言。
そう言えば、私たち、
一緒に日本に住んだことなかったよね…
夫に勧められるままに応募してみたら、採用の返事。

そして、留学も終盤、期末試験に向けて夜な夜な
勉強していた時のことです。
帰国に向け、ぼんやり日本のサイトを
インターネットサーフィンしていたら、
なつかしい「つぶつぶ」の4文字に
行き当たりました。

「つぶつぶ」か…

そこには、ミラクルスイーツセミナー
(現:未来食セミナーScene2)の
日程が書かれていました。

カレンダーを見ると、期末試験が終わってすぐ。
学校の修了式やパーティーの前でした。

もう、直感としか、言いようがありません。
気づいたら、迷うことなく、
申込みボタンを押している私がいました。

試験を終え、お世話になった方々にご挨拶し、即帰国。
帰国翌日、私はセミナーを受けていました。

食の転換、意識の転換、食と心の関係……

長年求めていたものはこれだ、と思いました。

職場のある石川県金沢市に引っ越し、
私のつぶつぶ生活がスタートしました。

仕事が終わるとすぐ家に帰り、石川のおいしい食材で、
つぶつぶ料理やスイーツを作りまくる日々。
楽しくてしかたがありませんでした。
週末も、仕事以外は料理ばかりしていました。

このおいしさ、みんなにも体験してほしいな……
ふとそう思い、ある日、職場の友人を呼んで、
つぶつぶ料理を食べてもらいました。

「なにこれ!すごくおいしい!教えて!」
すぐに、家で料理を教えるようになったのです。

友だちが友だちを呼び、一人増え、二人増え、
脚立やクーラーボックスにも座ってもらいながら、
テーブルを囲むこともありました。

つぶつぶ料理、やっぱり、誰もが魅力を感じるんだ!
身をもって、そう確信しました。

ただ食べるだけで、身体が、心が、地球が癒されていくつぶつぶ。
もっともっと広めていきたい! 
そう思っているところに、
つぶつぶマザー養成セミナーの存在を知りました。

「私、やります!」

深く考えずに、両手を高く上げている私がいました。

日本の今の状況は、私がミクロネシアで見た通りの道を
たどりつつあるように思えます。

ミクロネシアでの課題を解決できる方法が見つかりました。
それは、世界中で進んでいるいのちの破壊を止める道です。

あとは伝え続けるだけです。

              つぶつぶマザー
              更田恵子

               つづく(2/3)


PS,
明日は、超甘党の私に起きた奇跡と、私の夢について書きますね。
ぜひ読んでください☆





あたらしい私!がここにいる バックナンバーはこちら>>

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

vol.1 河井美香 46歳のつぶつぶストーリー
    ・975gで生まれてきた息子
    ・不満・不安体質から、安心・幸せ体質へ!
    ・夢は世界一の主婦になること

vol.2 石井ともみ 39歳のつぶつぶストーリー
    ・自分自身の自己免疫疾患も長女の酷いアトピーも消えてなくなり、           希望と感動がよみがえった
    ・獣医師になって果たしたかった夢がつぶつぶで叶う
    ・果てしない不安と怖れ、そして無力感を吹き飛ばしてくれたつぶつぶ!

vol.3 荒木沙也香 35歳のつぶつぶストーリー
    ・給料のほとんどが病院代と家賃で消える生活
    ・犯人は、体のしくみを無視した食生活
    ・正義感がわたし病気の原因だったなんて!

vol.4 篠沢真紀子 37歳のつぶつぶストーリー
    ・好きなものは「ラーメン」「焼き肉」「ケーキ」「マック」
    ・それにしても、何でこんなに高いの?
    ・新婚当時以上のラブラブ夫婦になれました

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.






:::::::::::::::::::::::::::::::
      セミナー日程・詳細
:::::::::::::::::::::::::::::::

  ☆おいしく食べて、サバイバル!☆
  未来食セミナーScene1
  ~1日で~
  本当の食べ物を見分ける感性が開く
  情報にふりまわされなくなる
  食の土台を構築する設計図で、食を変えていく方法が分かる
  おいしいと健康が共存する速効料理術が身につく

 日程:
  8月21日(水) 東京・神楽坂(講師:篠沢真紀子)
  8月25日(日) 青森・十和田(講師:石井ともみ)
  8月31日(土) 東京・早稲田(講師:篠沢真紀子)
  10月20日(日) 石川・金沢(講師・更田恵子)
  10月31日(木) 石川・金沢(講師・更田恵子)

 時間:9:00~18:30(+交流パーティー ~20:30 or 21:00※)
 参加費:33,300円 (+交流パーティー 3,000 or 5,000円※)
  ※交流パーティについては会場により異なります。詳しくはこちら>>

 上記以外でも、全国のつぶつぶマザーが
 北海道・青森・岩手・千葉・埼玉・東京(渋谷/三鷹)・
 神奈川・山梨・石川・滋賀・兵庫・宮崎・熊本で開催中!

 ★全国の日程は>>
 http://tsubutsubu.jp/learning/application.html


☆ 製作・著作
───────────────────────────>
TUBUTUBU/つぶつぶ
株式会社フゥ未来生活研究所 Fu Future Living Labo Inc.
東京都新宿区弁天町143-5
tel 03-3203-2090 fax 03-3203-2091

■ゆみこ公式Facebook    http://www.facebook.com/yumiko.tubutubugrandma
■ゆみこツイッター      http://twitter.com/#!/tubutubu_yumiko
■TUBUTUBU OFFICE ツイッター http://twitter.com/#!/tubutubu_office
■つぶつぶ          http://www.tsubutsubu.jp/
■つぶつぶカフェ       http://tsubutsubu.jp/cafe/cafe_waseda.html
■レストラン「ボナ!つぶつぶ」http://www.b-tubutubu.com/
■つぶつぶのセミナー     http://tsubutsubu.jp/learning/pseminar.html
■つぶつぶネットショップ    http://www.tsubutsubu-shop.jp/
-----------------------------------------------------------

 愛を込めて書き綴った本が発売になりました。
『ごはんの力 – ヒト遺伝子をオンにするつぶつぶ遺伝子 –』
 http://www.tsubutsubu-shop.jp/category/332.html

-----------------------------------------------------------


いかがでしたか? 

明日の最終回も読んでいただければうれしいです。

もし、響いていただけたら、お友達にシェア大歓迎です mv_vm

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

更田恵子39歳のつぶつぶストーリー①

みなさん、お盆休みをエンジョイされてますか?

私も、
家の隅々まで断捨離したり、
普段なかなか行けないカフェにおじゃましたり、
汗かきかき、楽しく過ごしています♪

今日朝イチで行ったのは、あさひ屋ベーカリーさん。
自然培養天然酵母、厳選素材のパン屋さんです。

いっぱい写真とっちゃいました。
あさひ屋ベーカリー ずらりパン

人気のもちもち蒸しパン
あさひ屋ベーカリー 蒸しパン

私好みのごついパン
あさひ屋ベーカリー ごついパン

こんなふうにかフェスペースがあって、
あさひ屋ベーカリー カフェ風景

あさひ屋ベーカリー 薪

ゆっくり和めるスペースも、本も、お子様用のおもちゃもあって、
あさひ屋ベーカリー カフェ

お休みのブランチにぴったりです。

いただいたのは、
雑穀入りパンのサンドイッチと、
あさひ屋ベーカリーご自慢の蒸しパン。
今日は、夏限定フレーバーのマンゴーにトライ。

あさひ屋ベーカリー パン

マンゴーって、すごく久しぶりに食べた。
何年ぶり???
モチモチ蒸しパンにも意外に合ってておいしかった〜〜^ー^
サンドイッチも、雑穀が香ばしくて美味でした☆

普段はごはん命な私ですが、
こうして心をこめて焼き上げられた、
作り手の顔の見えるパンをほおばると、
なんだかこう、言いようもなく幸せになりますね〜

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

さてさて、
実は、今日から3日間、私、更田恵子39歳のつぶつぶストーリー
つぶつぶメルマガで連載されます。


今日、一日目は、

 「ガマンをして得られるものこそ健康なんだ」と思ってた私

です。

以下、こちらのブログでも紹介しますので、
みなさん、ぜひぜひぜひ、最後までお読みくださいね♪
            

あたらしい私!がここにいる vol.5(1/3)
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.

 「ガマンをして得られるものこそ健康なんだ」
 と思ってた私

   @更田恵子39才のつぶつぶストーリー①

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.


はじめまして!
石川県金沢市で活動している、
つぶつぶマザーの更田恵子(ふけたけいこ)です。


つぶつぶを実践する前の私の悩みは、
病的な冷え性と35度の低体温、
夏でも汗のかけない体、
冬場はひび割れから血が出るほどの乾燥肌、
吐き気と下痢、そして気を失うこともある激痛を伴う毎月の生理、
生理ごとにに現れる吹き出物。

それがぜーんぶ、つぶつぶ生活で、
いとも簡単に、解消されたのです。

「えっ、信じられない?」

当の私も信じられませんでした。
でも、ほんとうなんです。

私がつぶつぶのセミナーに通い出したのは、
割と最近、3年半前のことです。

そして、半信半疑でつぶつぶメインの食事に
切りかえました。

それ以来、私の体温は上がり続け
今では、常に36℃後半をキープ。
雪の中でも、以前のように歯がガチガチすることは
全くなくなりました。

顔も髪もつ〜やつや。
よく、「何を使っているの?」と聞かれますが、
洗顔はぬるま湯だけ。
髪もお酢をちょっと入れたぬるま湯です。
クリームもファンデーションも
整髪剤も使いません。

シミもほとんどゼロ。
私は、以前、常夏の島に10年住んでいたので、
「シミが現れるのは数年後だよ」と
脅されてきました。
でも、3年経っても4年経っても
現れないんです。

生理痛もなくなりました。
身体の変化に敏感でいてあげないと、
生理になったことに気づかないほどです。

どれもが、すんなりあっけない解消でした。

「なんでもっと早く始めなかったんだろう〜〜」

実は、つぶつぶのセミナー、
前から気にはなっていたのです。
でも、なかなか
踏ん切りがつかない私がいました。
自然食のレパートリーのひとつくらいに思って
つまみ食いのように試したりしていました。

以前、ほかの健康食をやって
生理痛が少し改善したことがあったのですが、
それはガマンを伴う食生活だったから、
おいしいもの好きの私には、
長続きしませんでした。

結局すぐに生理痛も戻ってきてしまいました。

おいしくない健康食、
家族にも友人にもなかなか受け入れてもらえない健康食を
さんざんやってきたわたしの潜在意識には、

「健康食」=地味、ガマン、ルールに縛られるもの、

という固定観念がしっかり定着していました。

「ガマンをして得られるものこそ健康なんだ」

という思い込みがしっかり身についていたのです。

おいしくないもの、
味気ないもの、
単調なもの、
準備に時間がかかるもの、
そういうものを続けなければ、
健康は手に入らない、
そう頭から信じ込んでいたのです。

だから、つぶつぶも同じだと思っていたのです。

ところが、つぶつぶワールドは、
とてもキラキラ魅力的で、
楽しそうで、まさにその真逆でした。

だから、うさんくさい……
それが第一印象でした。(ゆみこさん、ゴメンナサイ!)

それでも、まぶしいほどの魅力に惹き付けられて
疑いの心で本格的にはじめたつぶつぶでしたが、
これが大ヒット!

こんな、いいことづくめのつぶつぶ、
何でもっと早く始めなかったんだろう〜〜
つくづくそう思いました。


つぶつぶは、シンプルで、楽しくって、ストレスフリー。
「おいしいね〜」と簡単料理で喜ばれながら、
身体の調子がどんどんよくなってきました。

長年の食に対する迷いや罪悪感とも無縁になって、
心も体も軽くなりました。

こんな健康食、あったんだ! 
その衝撃を楽しむ毎日です。

だからこそ、迷っている方に伝えたい。
迷っているその時間がもったいないよ〜!


              つぶつぶマザー
              更田恵子


              つづく(1/3)


PS.
明日は、セミナーを受ける前の私の生活、
つぶつぶに導かれた経緯について
書きたいと思います。

セミナーを受ける直前まで、
私は海外に住んでいました。

10年以上の常夏の島生活。
青い空、青い海、うっそうと生い茂る緑に、
さんさんと降り注ぐ太陽。
朝起きたら裸足で庭に出て、
熟したバナナやパパイヤを探します。
ヤモリくんや小鳥さんに先を越されてしまう前に 笑。

鶏の鳴き声とともに目を覚まし、
暗くなったら床につく日々。
夜空はびっしりのミルキーウェイで白く輝き、
流れ星も数えきれないほど。

自然を謳歌した生活を離れ、
10カ月の中国語学留学を経て、
ひょんなことで日本に戻ることになったのです……

続きは明日のお楽しみに!


あたらしい私!がここにいる バックナンバーはこちら>>

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

vol.1 河井美香 46歳のつぶつぶストーリー
    ・975gで生まれてきた息子
    ・不満・不安体質から、安心・幸せ体質へ!
    ・夢は世界一の主婦になること

vol.2 石井ともみ 39歳のつぶつぶストーリー
    ・自分自身の自己免疫疾患も長女の酷いアトピーも消えてなくなり、           希望と感動がよみがえった
    ・獣医師になって果たしたかった夢がつぶつぶで叶う
    ・果てしない不安と怖れ、そして無力感を吹き飛ばしてくれたつぶつぶ!

vol.3 荒木沙也香 35歳のつぶつぶストーリー
    ・給料のほとんどが病院代と家賃で消える生活
    ・犯人は、体のしくみを無視した食生活
    ・正義感がわたし病気の原因だったなんて!

vol.4 篠沢真紀子 37歳のつぶつぶストーリー
    ・好きなものは「ラーメン」「焼き肉」「ケーキ」「マック」
    ・それにしても、何でこんなに高いの?
    ・新婚当時以上のラブラブ夫婦になれました

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.




:::::::::::::::::::::::::::::::
      セミナー日程・詳細
:::::::::::::::::::::::::::::::

  ☆おいしく食べて、サバイバル!☆
  未来食セミナーScene1
  ~1日で~
  本当の食べ物を見分ける感性が開く
  情報にふりまわされなくなる
  食の土台を構築する設計図で、食を変えていく方法が分かる
  おいしいと健康が共存する速効料理術が身につく

 日程:
  8月21日(水) 東京・神楽坂(講師:篠沢真紀子)
  8月25日(日) 青森・十和田(講師:石井ともみ)
  8月31日(土) 東京・早稲田(講師:篠沢真紀子)
  10月20日(日) 石川・金沢(講師・更田恵子)
  10月31日(木) 石川・金沢(講師・更田恵子)

 時間:9:00~18:30(+交流パーティー ~20:30 or 21:00※)
 参加費:33,300円 (+交流パーティー 3,000 or 5,000円※)
  ※交流パーティについては会場により異なります。詳しくはこちら>>

 上記以外でも、全国のつぶつぶマザーが
 北海道・青森・岩手・千葉・埼玉・東京(渋谷/三鷹)・
 神奈川・山梨・石川・滋賀・兵庫・宮崎・熊本で開催中!

 ★全国の日程は>>
 http://tsubutsubu.jp/learning/application.html


☆ 製作・著作
───────────────────────────>
TUBUTUBU/つぶつぶ
株式会社フゥ未来生活研究所 Fu Future Living Labo Inc.
東京都新宿区弁天町143-5
tel 03-3203-2090 fax 03-3203-2091

■ゆみこ公式Facebook    http://www.facebook.com/yumiko.tubutubugrandma
■ゆみこツイッター      http://twitter.com/#!/tubutubu_yumiko
■TUBUTUBU OFFICE ツイッター http://twitter.com/#!/tubutubu_office
■つぶつぶ          http://www.tsubutsubu.jp/
■つぶつぶカフェ       http://tsubutsubu.jp/cafe/cafe_waseda.html
■レストラン「ボナ!つぶつぶ」http://www.b-tubutubu.com/
■つぶつぶのセミナー     http://tsubutsubu.jp/learning/pseminar.html
■つぶつぶネットショップ    http://www.tsubutsubu-shop.jp/
-----------------------------------------------------------

 愛を込めて書き綴った本が発売になりました。
『ごはんの力 – ヒト遺伝子をオンにするつぶつぶ遺伝子 –』
 http://www.tsubutsubu-shop.jp/category/332.html

-----------------------------------------------------------


いかがでしたか~? 

明日もぜひ読んでいただければうれしいです。

もし、響いていただけたら、ぜひお友達にもシェアお願いします mv_vm


ちなみに、夏休み中は、この3日間の連載のあとも、
頻繁にブログを更新しようと思っています。

アメリカでのつぶつぶ料理教室の様子などもレポしたいと思っていますので、
ぜひチェックしてくださいね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございます!
未来食セミナー
お料理教室・お食事会・ほか講座
  詳細は青字をクリック♪        ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇
お問合せ&お申込み
※ ご入力いただくメールアドレスに お間違えのないよう、ご確認ください。 ※ ご返信はspamメールに入っている場合があります。 ご注意ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム